上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近年、大きな活躍をみせるネット企業について、時価総額のベスト10を載せてみました。
日本では若者のTVが叫ばれて久しいですが、そのような状況を鑑みても主要な媒体は紙からどんどんPC、モバイルなどのネット媒体となっていき今後、ネットで買い物をする人はより多くなると予想されます。

そんな中でどのような企業が売上げを上げているか、調べてみました。

単位(億)
1.google:381,300 米国
2.Amazon:184,000 米国
3.アリババ:150,000 中国
4.FACEBOOK:143,000 米国
5.Tencent:120,000 中国
6.ebay:67,800 米国
7.百度:63,600 中国
8.Priceline.com:59,500 米国
9.Yahoo!:41,600 米国
10.Yahoo!Japan:36,630 日本

こうして見ると、世界のネット企業で躍進している国は「アメリカ」と「中国」、「日本」となることが分かります。オランダやインド、フランスなどもトップ100まで見ると何個か企業があるもののほとんどがアメリカ、中国、日本となっています。

特質すべきはやはりgoogleでしょうか。googleの強みはネット広告のシェアが圧倒的であることですが、PC以外にもモバイル広告も伸びてきており今後も環境の中心となるでしょう。またご存知、googleはYou Tubeをもっており今後台頭すると思われるネット情報「動画広告」についても既に万全の体制を築いています。

Amazonについては、時価総額は非常に高いですが利益は実は赤字です。常に先行投資を行う「ジェフ・ベゾス」氏の今後の経営はより注目する価値となりそうです。

上記ランキングにはないですが、実はトップには日本の企業が何社か入っています。
14.楽天:22,180
25.ガンホー:86,628

楽天はなんと時価総額、2兆もあります。日本をメインとするネット企業としては圧倒的な力があります。
また、パズドラのガンホーも25位と検討。最近大丈夫かは分かりませんが、1タイトルでも爆発的に売上げをたたき出せばこのようなトップ企業の仲間入りとなるようです。

つらつらと書きましたが、今後更なる躍進が期待される業界であり、投資という観点でも非常に期待の持てる業界ということは間違いありません。より世間の流れを注視し自分の利益につなげていけるようにしたいものです。
スポンサーサイト
「安定感」と「不安定感」

「安定感」は人にとって最も必要なもの。

例えば、いつ天井が落ちてくるか分からない部屋に人はいつまでもいれない。


「不安定感」は変化やバラエティ、これも人にとって不可欠なもの。

例えば、毎日朝7時に起床し、行く場所、出会う人、起きる出来事が全て分かっている一日を繰り返し過ごしたら、きっと人は耐えられず新しい刺激を求める。と思う。


「安定感」と「不安定感」は両立する事はできず、常に個人の中でバランスを保ちながら生活している。


「安定感」に傾いた人は「国家公務員」、「大企業の会社員」として働いている人が多い。
「不安定感」に傾いた人は「起業家」などの依存しない生き方をしている人が多い。


とある本に書いてあった、

「人生の質は、あなたが居心地のよさを感じられる、不安定の量に正比例する。」


経験がある人も多いと思う。
凄く怖いと思っていたが、勇気を出して一歩踏み出したとき、意外と怖くなく、多くの充実感を得る事ができたということが。

もちろん、そんなに心的負担をかけて一歩踏み出すことを続けていたらストレスの方が大きくなる気がする。
大事なのは不安定感を、いかに受け入れられるかということだろう。

不安定感を受け入れるにはやはりというべきか「行動」を起こす事、があげられる。
自分にとっての不安定を受け入れ、一瞬の恐怖感に打ち勝ち踏み出す事ができるか。。。


より、自分の人生を充実したものにするために、この自分の中の「不安定感」に対応する。

ということを少し考えながら生活していこうと思った。
日本人はチームワークが苦手、という記事を見つけた。

日本人と言えば、個人技能よりもチームワークで勝負するタイプってイメージがあると思ったけど。。。


と思って読み進めると話しの論点が分かってきた。


記事では「チーム」をそれぞれの個人技を生かしたスペシャリスト達の集まり、と定義していた。
自分の考えた「チーム」は「グループ」と表現されていた。

グループの定義はリーダーの指示に従い、決まった事をきちんとやる組織のこと。


なるほど確かに、と思わされた。

グループとチーム。

日本人というか、会社という組織そのものがグループとして成り立っている側面があるため、日本にはほとんど「チーム」というものはないだろう。


インターネットを利用したビジネスや、投資や自分たちの信じた方向で稼ぎ結果を出している人多くいるが、そういう人たちはグループではなくてそれぞれが個々のプレイヤーとしてチームを組んで仕事をしている。誰がリーダーかではなくお互いの目的のために必要なスキル、情報を持った人材が集まっている。


日本は基本的には「同化」を目指して教育を行っている国だから、個々の集団の「チーム」よりも指示に適切にしたがう「グループ」となるのは当然とも思える。


自分は「チーム」の一員として活動出来るように精進したいな、と思いました。
人は習慣的な行動で生きている

という話しを以前に記載したけど、習慣は自分が無意識的に繰り返す行動


打破するには、新しい行動を自然に行うように再度脳をプログラミングしないといけない


それをするためには、繰り返し行動を起こすしかない


つまり、継続する必要がある


突発的な決意では人はなかなか変われないってなるほどって
意外にも、というかやはり自分の無意識下の心のスペースはなかなか自分でも分かんないものだなっと思った

何か、自分の心の琴線に触れるできごとが起こったときに、あー本当はこう考えてたんだ、自分は

と思う事がやっと自分で分かり始める


そこまで何か必要なことが起きないとなかなか分からないな〜

無意識に自分で見ないようにししているところ、そこを見るのは一人ではなかなかむずかしい〜〜

看護師の転職なら

看護師の転職に役に立つ転職支援サイトです。看護師さんのみ登録を行うことが可能です。自分のキャリア、人生を鑑みたときに次の一歩を踏み出しませんか。





プロフィール

てぃ

Author:てぃ
出会いは人生を変えます。
出会いとは別に人との出会いだけではなく、本であり、WEBサイトであり、景色であり、夢…様々です。あなたは日々の暮らしの中でどれだけの出会いに気付けていますか?
見過ごしていた素敵な出会いを、もっと感じることのできる人間に一緒になりましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FXについて

FX運営会社には無料デモトレードがあります。まずは体験してみるのもいいかと思います。

はじめてのFX1年生 儲かる仕組み損する
1,470円

この本は、何もわからないときに実際に購入して勉強しました。基礎的な部分が多く書いてあり分かりやすくおすすめの一冊です。

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 FX(外国為替証拠金取引)で儲けよう!
1,470円

本書では、外国為替証拠金取引(FX)の2つの使い方をわかりやすく説明します。(1)比較的リスクの低い外貨預金や外貨MMFの代替として使う方法。(2)為替差益で大きなリターンを狙っていく方法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。