FC2ブログ
日本人はチームワークが苦手、という記事を見つけた。

日本人と言えば、個人技能よりもチームワークで勝負するタイプってイメージがあると思ったけど。。。


と思って読み進めると話しの論点が分かってきた。


記事では「チーム」をそれぞれの個人技を生かしたスペシャリスト達の集まり、と定義していた。
自分の考えた「チーム」は「グループ」と表現されていた。

グループの定義はリーダーの指示に従い、決まった事をきちんとやる組織のこと。


なるほど確かに、と思わされた。

グループとチーム。

日本人というか、会社という組織そのものがグループとして成り立っている側面があるため、日本にはほとんど「チーム」というものはないだろう。


インターネットを利用したビジネスや、投資や自分たちの信じた方向で稼ぎ結果を出している人多くいるが、そういう人たちはグループではなくてそれぞれが個々のプレイヤーとしてチームを組んで仕事をしている。誰がリーダーかではなくお互いの目的のために必要なスキル、情報を持った人材が集まっている。


日本は基本的には「同化」を目指して教育を行っている国だから、個々の集団の「チーム」よりも指示に適切にしたがう「グループ」となるのは当然とも思える。


自分は「チーム」の一員として活動出来るように精進したいな、と思いました。
スポンサーサイト



最近、就職・転職活動を支援出来るようなサイトを作成している。

以下のサイトである。

転職 支援サイト
〜 apJCS 〜


このサイトは就職や転職する人たちの集まる場所にしたいと考えていたけど、なんとこのレンタルサーバは独自の掲示板が作れない。という悲しい現実にぶつかってしまった。

まだ作成途中だけど、完成したらおしゃれサイトランキングや、様々なランキングでNo1を目指していきたいと考えている。No1を取る!これを目標に頑張っていく。

特に注力した点は以下
・モノトーン、シンプルで見やすい構成
・名言を使用する事で、利用者の意識の向上を目指す
・ページ内を見やすくするため、画面topへのリンクやページ内リンクの設置
・転職支援サイトを利用する際の利点を明確に記載すること

もし見た方がいたら、デザイン、文章、見た目、情報の整合性などなんでもいいからコメントを頂けたらと思います。
よろしくお願いします。
面白い記事を最近見つけた。

日本の教育について、記述してあり、たしかになるほどと思わせる文章が書いてあった。

日本の教育、先進国の教育をどのように考えているだろうか。
ポジティブな面で言えば、最新の研究を行うために難しい数学や生物学、物理学などを学べる。
頑張れば、よりよい会社に入る事ができる。

でも疑問に思った事はないだろうか。

なぜ、税の払い方や、知っていれば自分たちの支払いを少なく出来るような法律について教育しないのか。
⇒因数分解や微分積分よりも、生きるために必要であることは明白だ。
 そもそも納税しろしろ言う割に、教育はほとんどなく個人で調べるしかない。

なぜ、政治経済は超近代の政治経済の勉強をやらないのか。
⇒より人が政治に興味を持つようになるはずなのに。

なぜ英語を中学、高校とほとんどの人が最低6年間もやってほとんど話す事もできないのか。
⇒細かい文法などしかやらず、聞くことは最近になって導入されたが、それでも最低限である。
 そもそも他の国は英語ぺらぺらな人が多い国がたくさんある。
 日本人の基礎的な学力が他の国に大きく劣っているとは考えづらい。

多少の算数と、日本人なら日本語の読み書きができれば十分である。そして、英語を話せて、聞けるくらいに小学校のときから勉強させていれば完璧だ。今は小学校でも英語の授業があるらしいが。。。後は道徳の授業とかの方がよっぽど大事だ、と思う。


ここで記事の話しに戻る。
記事ではこのように書いてあった。
日本の学校教育制度の目標は子供達が同室となって群れること、すなわち『同化』である。
出典:COURRIER JAPON 著者:森巣 博

つまり、横断歩道みんなで渡れば怖くない、という思想を植え付ける教育機関ということだ。

これは日本の学校教育制度のみの話しでなく、国家が行う教育とはそのような性格を持つものである。すなわち、「国のために死んでくれる兵隊」をつくるため、たくさんのものを生産するため「文句も言わず歯車となって働いてくれる労働者」をたくさんつくるためである。

近代国家では国家があり、国民が作り上げられる。

国家にとって何故「同化」が好ましいかと言えば、「同質となって群れてくれれば、自力でぶーたれる国民も少なくなって、国家にとっては管理が簡単、極めて好都合」というわけである。

そして、今の日本はその教育が最も成功している国であると考えられる。
そして、その教育の行き着いた先は「無関心」なのではないかと思う。

例えば、他の国ではデモを行う際は大規模であり、国民が意志を持って激しい反発を政府に対しておこなう。逆に言えば、それだけ政治に不満があり、そして興味がある、ということだ。日本もデモをやるがそこまで大規模でなく、また報道もほとんどされない。

「無関心」とは出来事に対する思考能力の欠如についてだ。
日本は平和であり、働いてなくても生活出来る生活保護、ものにあふれていて、ホームレスでも川岸に家を持ち多少のお金を持っている。恵まれすぎている。

そして、最大の「無関心」は自分の人生について考える事をあまりしない人が多いというところだ。
この仕事に就いていれば安心だろう、と考え現状からの向上を考えず、「今」に甘んじている人が多い、と感じる。


放射能だって東京にも降っているのだ。
ただ、皆で浴びれば怖くないって言うことと、報道がすくなくなっているから「みんな」が気にしなくなっただけだ。

同化していると本当は疑問に思うべき点も、みんなが何も言わないからいいや、となるところが怖い。行き過ぎた同化が国を弱くしているのではないか、と思う。

某ビールの宣伝でこのような言葉がある。
「まるくなるな、ほしになれ」
他の人と違っていい。自分の生き方を見つけていきたいと思う。

ただ、いきすぎた「同化」のおかげで日本人の国民性は非常に高い。
そもそも高いのかもしれないが、震災のあとの他の人のためにと積極的に自然と動き、計画停電にも文句も言わないところを見ると、この国に生まれて本当に良かったとも思ってしまう自分も同化した一人なのだと痛感する。
中国では1年で約8億売り上げる学生達がいる。
義烏(いーうー)工商学院の淘宝創業班の学生達だ。

8億という値は3年間の課程を終えた最初の学生達が稼ぎだした額だ。

8億・・・

なんにせよ、これこそがまさに世の中に出てから役に立つ学校のイイ例だと思う。

企業の社畜ではなく自分の力で食べていける力!それが大事だ。
これからの時代、個の力はより必要になるだろうし、個として生きていけるように自分を成長させたいと思う人は多くなるだろう。

自分も何か自分だけの武器を持って戦っていきたい、とそう思った。

今までは多くの武器を手に入れる事を目的に動いてきたけど、武器を自分の中で昇華して力に変えていきたいと、感じる。

下の言葉は、これこそまさに自分を表しているなと感じる!


「全身に何百の武器を仕込んでも
 腹にくくった”一本の槍”にゃ適わねぇこともある・・・」


自分の中に一本の槍を作る。

それが全ての見方を変えていく。
ドイツ人は真面目っていうイメージがある。

現在、欧州危機の中でドイツは多くの負担を強いられ、それに対して懸命に努力をしている。

ドイツ人は欧州危機を何とかしなければという責任感を感じる人が大勢をしめる。

とある記事で見つけたいかが面白いと思った。

「ドイツ人はセックスすら楽しめない」

今ドイツ人は「完璧主義」と「嫉妬心」に苛まれているようだ。

「完璧主義」はそのまま前述の責任感に置き換わる。

「嫉妬心」とは

嫉妬心は、現在危機的状況のギリシャ人に向けられている。

ギリシャ人は自由奔放だ。自国が相当な危機的状況にもかかわらず楽観的であり、自分達の責任を感じ改める様子もない。ギリシャ人は長い休暇をとり日々の労働時間も少ない。

ただドイツ人の性質上、ギリシャ人の真似をすることはできない。それは日本人が15時に皆帰宅して働かない様子が想像できないことと同じ事だ。

そのため嫉妬心が生まれる。

「完璧主義」と「嫉妬心」は仕事の場合にでてくるだけでなく、プライベートでも関係なくでてくる。
そのため、完全なプライベートなセックスすら楽しめない、というわけだ。

記事は以下の言葉で文末を締めくくっている。
「ドイツ人の”喜びのDNA”は破壊されていく一方だ。」と。

このことはドイツと非常に似た性質を持つ日本人にも同じことが言えるようになると思う。

日本人はいまだ経済危機を感じていないが、より本格的に感じるようになったときに同じ事になるだろう。

仕事とプライベートをわけることはなかなか難しい。

さざえ症候群など典型的な例だろう。

自分自身その波に巻き込まれないように今のうちに努力していく必要がある。

慢性的な社会全体ストレスにより喜びの遺伝子を破壊される前に。

看護師の転職なら

看護師の転職に役に立つ転職支援サイトです。看護師さんのみ登録を行うことが可能です。自分のキャリア、人生を鑑みたときに次の一歩を踏み出しませんか。





プロフィール

てぃ

Author:てぃ
出会いは人生を変えます。
出会いとは別に人との出会いだけではなく、本であり、WEBサイトであり、景色であり、夢…様々です。あなたは日々の暮らしの中でどれだけの出会いに気付けていますか?
見過ごしていた素敵な出会いを、もっと感じることのできる人間に一緒になりましょう。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FXについて

FX運営会社には無料デモトレードがあります。まずは体験してみるのもいいかと思います。

はじめてのFX1年生 儲かる仕組み損する
1,470円

この本は、何もわからないときに実際に購入して勉強しました。基礎的な部分が多く書いてあり分かりやすくおすすめの一冊です。

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 FX(外国為替証拠金取引)で儲けよう!
1,470円

本書では、外国為替証拠金取引(FX)の2つの使い方をわかりやすく説明します。(1)比較的リスクの低い外貨預金や外貨MMFの代替として使う方法。(2)為替差益で大きなリターンを狙っていく方法

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: